霊園・墓地検索サイト「ついのすみか」のスタッフブログ

tsuisumi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:お墓の知識( 14 )


2007年 12月 12日

お墓の引越し

すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に移動したり、お墓そのものを別の場所に移転することを「改葬(かいそう)」といいます。

お墓を移すということは、既存の墓地の管理者にとって、あまり望ましいことではありませんので、トラブルにならないように、事前に理由を説明して理解を得ておくことが必要です。

また、既存の墓地の整備も必要となってきますので、その費用も念頭に入れておかなければなりません。「改葬(かいそう)」を行うためにはいくつか書類を集め、市区町村へ申請することになります。手順は次のとおりになります。

①新規墓地の確保
まず、新しい墓地を確保し、「受入証明書(=永代使用許可書)」などを発行してもらいます。

②既存墓地の手続き
既存墓地の管理者に、「埋葬証明書(=納骨証明書)」などを発行してもらいます。

③市区町村へ申請
既存墓地のある市区町村に「改葬(かいそう)」の申請を行います。「改葬許可申請書」に必要事項を記入し「受入証明書(=永代使用許可証)」と「埋葬証明書(=納骨証明書)」と一緒に提出すれば、「改葬許可証」を発行してもらえます。(※発行料がかかる場合があります)

④既存墓地から移動
既存墓地に「改葬許可証」を提示してお墓から遺骨を取り出します。遺骨を取り出す際にはカロートのフタを動かさなければならないので石材店に依頼します。仏式の場合は、魂抜きの法要を行います。


⑤新規墓地への改葬(かいそう)
「改葬許可証」を提出して改葬(かいそう)を行います。納骨をする際には、カロートのフタを動かさなければならいので石材店に依頼します。仏式の場合は、魂入れの法要を行います。

⑥既存墓地の整備
既存墓地を返却する際には、墓所を購入した時の状態、つまり「更地(さらち)」に戻すことが必要です。墓石の撤去費用など、既存の墓地の処理にかかる費用は、石材店に問い合わせておきます。


③は、市区町村ごとに方法が異なる場合がありますので、役所の窓口に問い合わせて確認しましょう。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-12-12 14:58 | お墓の知識
2007年 12月 10日

お墓参りに持参するもの

霊園や寺院で借りることのできる物もありますが、一通り列挙いたします。

数珠・輪袈裟(お寺から授与されている場合)・線香・ローソク・マッチorライター(仏具店などに行くと風防付きライターが売っています)・供花・供物(果物や菓子類)・半紙・掃除道具(スポンジ・歯ブラシ・ほうき・ちりとり)・タオル(墓石を拭くのに使います)・ゴミ袋・柄杓(ひしゃく)・手桶orバケツ・草刈り用の鎌・軍手です。

持参すべき物と借りられる物をチェックしてからお墓参りに出かけましょう。特に、掃除道具は、お墓の敷地にある植栽や敷き詰めてある玉砂利など、お墓によって違いますので、お墓にあった物を用意して持って行くと良いでしょう。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-12-10 16:35 | お墓の知識
2007年 12月 07日

中国からの輸入石材は良くないのかどうか

現在お墓に使われる石の8割~9割は、中国からの輸入材だと言われています。

「中国からの輸入石材は良くない」「安かろう悪かろう」というイメージがあるかも
しれませんが、石材に関しては、中国産だから(安いから)品質が悪いとは一概に
言えないです。

というのも、石材の価格というのは、需要と供給の関係で決まるので、供給少・需要高で
ある本御影石や庵治石の価格はとても高いですが、供給多・需要少の中国産の石材は、
安い価格帯になっているのです。

硬度が高くて、吸水性が低く、風化しにくく、キズやムラがなくきめ細かい石という
ポイントを満たす石材の中から、ご自身の気に入った石材をお選びになれば
よろしいかと思います。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-12-07 17:52 | お墓の知識
2007年 12月 05日

墓石の種類

墓石に使われる石の種類は、三百種類にも上ると言われています。現在墓石の多くに使用されている石のほとんどは、中国から輸入されているもので、国産の石は高級品として扱われていることが多いようです。

墓石に最もよく使われるのが「花崗岩(カコウガン)」で、次いで「安山岩(アンザンガン)」、また「斑レイ岩(ハンレイガン)」、「閃緑岩(センリョクガン)」なども使われます。これらは硬く、水や風に強く、磨くと光沢が出るのが特徴です。

☆良い石とは
一般的に墓石として適している石材は、硬度が高くて、吸水性が低く、風化しにくいこと、キズやムラがなくきめ細かいものです。

花崗岩(カコウガン)<=御影石(みかげいし)>
・・・最高級の本御影石(ほんみかげいし)や庵治石(アジイシ)のほか北木石(キタギイシ)、稲田石(イナダイシ)など一般に粒が粗く組織に方向性がなく、色調は白色・淡紅色(たんこうしょく)・紅色(こうしょく)・淡灰色(たんかいしょく)・淡褐色(たんかっしょく)などがあります。産出量も多く、大材も採れるため用途も幅広く、墓石・外柵(がいさく)用としてもっとも多く使用されています。

安山岩(アンザンガン)
・・・小松石(こまついし)、山崎石(やまざきいし)など花崗岩(カコウガン)についで使用されている石です。色調は灰色・青灰色(せいかいしょく)・淡紫色(たんししょく)などがあります。

閃緑岩(センリョクガン)
・・・波多石(はたいし)、浮金石(うきがねいし)など閃緑岩(せんりょくがん)は含まれる鉱物によってさらに細かく分類されることもありますが、それらをまとめて「黒御影(クロミカゲ)」とも呼ばれています。黒御影は国内で産出量が少なく高級品となっています。

斑レイ岩(ハンレイガン)
・・・黒御影石(くろみかげいし)、牡丹石(ぼたんいし)など暗緑色(あんりょくしょく)系の石で、閃緑岩(せんりょくがん)と同様に「黒御影(くろみかげ)」と呼ばれることもあります。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-12-05 17:09 | お墓の知識
2007年 12月 03日

墓石のデザイン

お墓の型は、和型墓石・洋型墓石・デザイン墓石の三種類に分けられます。

関東地方の墓石の傾向として、以前は「和型」でグレー系が多かったのですが、平成に入って「洋型」が次第に増え、
平成14年くらいからは「洋型」の割合が高くなってきています。

色も従来のグレー系だけでなく、白、赤、緑、黒などさまざまな色の石が墓石に取り入れられるようになってきました。

最近ではピンク系の石が人気のようです。和型と洋型以外でもさまざまなデザインを施したオリジナルデザイン墓も
数多くあります。

伝統的な供養塔として、五輪塔があります。

○和型墓石(三段型)
もっともポピュラーな型のお墓です。和型の墓石は、仏舎利塔(ぶっしゃりとう:お釈迦様の遺骨を納めたもの)や五輪塔(ごりんとう)を簡略化したものです。以前は、和型というと、黒い石や白い石と決まっていて、暗い雰囲気があったということですが、洗練された格式高い雰囲気のある和型墓石は現在も人気が高く、多くの方が建てています。最近では、和型でもグリーン系やダークグレーの墓石を使用する方もいます。

○洋型墓石(オルガン型)
洋型墓石は、和型墓石と比べ幅が広く、高さは低く作られるため、安定感があり、視界が開けるため、明るい雰囲気を感じるのが特徴です。最近では、寺院でも洋型の墓石を見かけることがありますが、やはり民営の霊園で建てる方が多く、墓石に刻む文字も「〇〇家」というものでなく、好きな言葉を刻み、工夫される方も多いです。近年、洋型墓石は和型墓石と並んでたいへんな人気を集めており、特に首都圏では新たに造られる墓石の三割から四割がこの型だといわれています。

○デザイン墓石
オリジナル墓石はその人のイメージを形にしていくため、石材店との打ち合わせ回数も通常より多くなります。イメージを伝える担当者とのコミュニケーションも重要になりますので、要望に耳を傾けてくれる石材店に相談されることをお薦めいたします。 霊園にある、色々な墓石をご覧になると、イメージを固めやすくなるでしょう。最近の石材店では、完成予想図を立体的な映像として、事前に見せてくれるところもあります。

※オリジナル墓石を建てる際のチェック項目
【1】どのような石材店に任せるべきか?
注文書、見積書などで料金を明確に出してくれる石材店オリジナル墓石は、ひとつひとつイメージを形にしていくものですので、石材店との打ち合わせ回数も、通常より多くなります。他にはないオリジナルのものを作るのですから、石材店の技術はもちろんですが、要望をきちんと聞いてくれる石材店に任せるのがよいでしょう。
【2】予算は範囲内か?
加工の難しいデザインであったり、付属品をつけたりする場合には、料金も余分にかかることもありますので、ご注意ください。
【3】工期は範囲内か?
オリジナル墓石は、石材店との打ち合わせ回数が多くなりますので、その分、完成するまでに時間が掛かります。そのため、「いつまでに」とあらかじめ日程が決まっている場合には、最初の打ち合わせの際に、納期の希望を石材店に伝え、明確にしておきましょう。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-12-03 10:49 | お墓の知識
2007年 11月 30日

寿陵(じゅりょう)

生きている間にお墓を建てることを『寿陵』と言います。「生前墓は縁起が良くない」と言う方も多いですが、決してそんなことはありません。寿陵は、古代中国に端を発していると言われています。「寿」の字が示すように、寿陵は長寿を祈願するおめでたいお墓なのです。

霊園を歩いてみると、名前のところが朱色に塗られたお墓を散見することがあります。これは、まだその人が存命中であることを示しています。

仏教では、「逆修」(読みは「ぎゃくしゅ」もしくは「ぎゃくしゅう」)という言葉があります。「生前に、あらかじめ自分の死後の冥福を祈って仏事を行うこと」という意味です。寿陵を建てることは、逆修を修することになります。逆修を修することは、「自分の死後に仏事をしてもらうよりも、すぐれた功徳がある」と言われてきました。

ただし、生前にお墓を建てる場合、制約や問題にぶつかることがあります。公営霊園では、納めるご遺骨があることを応募の条件としているところが少なくありません。
また、使用規定で「購入後○年以内にお墓を建てること」と定めている霊園も(民営・公営を問わず)多くあります。その場合は、区画の確保だけをして放置しておく、といったことはできません。区画をご購入する前に十分ご確認下さい。

最近では、縁起の良さ・功徳のためだけでなく、子供に負担をかけたくない、または、自分の気に入ったデザイン・石・場所などを選びたいという人が、寿陵をお建てになっているようです。



ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-11-30 11:11 | お墓の知識
2007年 11月 28日

奥都城(おくつき)

神道の場合、外界から遮られた奥深い場所に亡くなった方が住むと言われることから、お墓のことを「奥つ城(おくつき)」とも呼びます(※「城(き)」は「棚・壁などで四辺を取り囲んだ一郭の場所」という意味です)。「奥津城」もしくは「奥城」と表記されることもあります。

お墓の基本的な構造は、仏式と同じですが、神道では焼香を行いませんので、香炉は必要ありません。お墓参りの際は、神棚にお参りするのと同じく、ロウソクを用います。また、仏式と異なり、玉串を捧げるための八足台が必要となります。

竿石の形は、細長い角柱型で、頂上部は四角錐になっています(ピラミッドのような尖り方です。この形を「角兜巾(かくときん)型」と呼ぶそうです)。この形は、三種の神器の一つ「天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)」を表しているとされています。

墓石には「○○家之奥都城」と刻みます。墓石が無い場合は墓標を立て、墓標に「○○大人(刀自)命之奥都城」のように書きます。神道では戒名は無く、姓名の下に、男性は「大人」、女性は「刀自」などと付けます。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-11-28 18:29 | お墓の知識
2007年 11月 27日

お墓の形式

建墓費用を抑えたいというニーズ・承継者がいないという悩み等々により、現在では、お墓の形式は多岐にわたります。

○家族墓・・・家族をまつり、子孫へ受け継いでいくお墓です。「先祖墓」「代々墓」といった呼び方もされます。現在、日本で最も多いお墓の形式です。一つのお墓に何人ものご遺骨を納め、ご遺骨を納めるたびに、墓誌または墓碑に戒名や俗名、没年などを列記していきます。墓石には「○×家之墓」「先祖代々之墓」というような文字が刻まれます。

○個人墓・・・一人だけをまつるお墓です。その方の経歴や趣味を反映した個性豊かなオリジナリティのある墓石が多く見られ、中には生前に建てる方もいます(生前に建てるお墓のことを「寿陵」と言います)。近年、「家族墓に入りたくない」という方が増えてきており(そのほとんどは女性だそうです)、そういった方が「自分のお墓がほしい」と考え、生前に建てられる傾向が見られます。建てた当時は個人墓となっていても、後から家族が一緒にまつられることを望む場合もあるようです(奥様が個人墓を建てた後、旦那様が奥様と一緒にお墓に入りたいと望むケースが多いようです)。

○夫婦墓・・・夫婦二人をまつるお墓です。お墓を受け継ぐ方がいない、いてもお墓のことで迷惑をかけたくないなどの理由から、選ぶご夫婦が増えています。個性的なお墓も建てられており、戒名以外に、夫婦の歴史、お互いへの言葉や、自筆の詩・俳句・絵などを刻むといった例が見られます。

○両家墓・・・二つの家のご遺骨を一つのお墓にまつるお墓です。墓石には両家の姓を刻むことが多いです。長男・長女どうしの結婚などで、「両家それぞれのお墓を守っていくのは負担が大きい」という方が増えたことで、造られるようになりました。

○共同墓・・・血縁関係に無い人びとを一つのお墓に埋葬する形式です。友人どうし・信仰を共にする人びとが共同で建墓するケースが多いです。老人ホームが、無縁の高齢者のための共同のお墓を建てるケースもあります。寺院やキリスト教の教会が、信者の方々ために公営霊園に建てたお墓も、「共同墓」と呼ばれることがあります。あまり知られた形式ではありませんが、費用が抑えられる・継承者がいなくても良い等の利点があるため、注目を集め始めています。

○永代供養墓・・・「えいたいくようぼ」あるいは「えいたいくようばか」と読みます。継承者がいない方や継承を前提としない方をまつるお墓です。お墓の管理をしていってくれる親類縁者がいないという方、あるいはお墓の継承者がいない方に代わり、寺院等が責任を持って永代に亘って供養と管理をしてくれるお墓です。「お墓を受け継ぐ者がいない」あるいは「承継していくタイプのお墓は買い求めたくない」といった方々に選ばれています。霊園や寺院にあり、複数のご遺骨を一緒にまつるタイプが多いですが、ご遺骨の納め方は、一定期間は個々の骨壷にまつる、最初から複数のご遺骨を一緒にしてまつるなどがあります。「合祀墓」「合同墓」「合葬墓」「などとも呼ばれています。



ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-11-27 11:47 | お墓の知識
2007年 11月 22日

お墓を建てるにあたっての注意点その5【金額表示】

チラシ広告等でよく人目を引くような金額表示がありますが、その中にはお客様の
誤認を招くような「永代使用料のみ」の金額や、「石材費・墓石工事費のみ」の金額を
表示しているものもあります。

『ついのすみか』ではお墓を建てるのに必要な最低費用を合算表示
(永代使用料+石材費・墓石工事費)にしておりますので、正確に
ご予算をたてることができます。

とくに追加のご要望がなければ表示価格でお墓が建立できますので
安心してご予算と照らし合わせながらご希望のお墓をお探しください。


また、区画面積あたりの金額表示にも注意が必要です。

「1㎡○○万円より」「1区画○○万円より」「1聖地○○万円より」といった
表示になっておりますが、「1㎡○○万円より」とあった場合、1区画の広さが
1㎡でその金額が○○万円のケースと1㎡あたり○○万円のケースがあります。
「1区画」「1聖地」が何㎡なのかは、霊園ごとに異なります。


ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-11-22 10:23 | お墓の知識
2007年 11月 21日

お墓を建てるにあたっての注意点その4【使用規定】

 使用規定とは、その霊園を使用するにあたって、守らなければならない事柄です。例としては
以下のようなものがあります。

●本霊園は、○○寺の檀家または檀家になることを承認した方以外は使用できない。
●本霊園では親族(○親等まで)以外の者を埋葬することはできない。
●本霊園は、墳墓以外の目的に使用することはできない。
●墓所購入後、○年以内に墓石を建立しなければならない。
●管理料を○年滞納した場合は、墓所の使用権を取り消す。
●墓所の使用権を他の者に譲渡・転貸・転売することは認めない。
●既納の永代使用料及び管理料は、理由の如何を問わず一切返還しない。
●本霊園は他所からの墓石等の移設はできない。
●埋葬するときは、埋葬許可証・火葬許可証を提出すること。
●本霊園内では墓石工事を施さずに埋蔵することはできない。
●本霊園は焼骨以外の埋葬はできない。
●本霊園における祭祀行為は、事前に管理者に届け出を出し、許可を得なければならない。

 使用規定はどの霊園にもありますが、それぞれの霊園ごとに独自の使用規定が存在します。
契約後に「知らなかった」では済まされませんので、使用規定で分からない部分について質問
をして、契約前に不明点を無くしておきましょう。

ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-11-21 20:34 | お墓の知識