2007年 11月 09日

お墓の建て方 霊園の種類

お墓を建てると決めたら、まずはじめにすべきことは、お墓を入手すること。お墓の土地の永代使用権を取得することです。
そのためには霊園を探すことから始めることになります。

近くに霊園があっても空きがあるとは限りませんし、また予算や使用条件などに合わないこともあります。情報を収集し、自分の目で確かめて、霊園を選ぶ必要があります。

お墓を建てようと考えているが、どのような所で、どのような形で建てるか、まだ具体的に決まっていないという方も、
「ついのすみか」を一度お気軽にお試しください。きっと考えが具体的になるでしょう。

霊園・墓地は経営主体によって大きく三つ(民営霊園・寺院墓地・公営霊園)に分類することができます(昔から伝わる村落共同体が経営する村墓地等は除く)。


【民営霊園】
民営霊園とは営利を目的としない公益法人や宗教法人などに経営が許可されている霊園のことです。
霊園自体の開発は、複数の石材店が共同で行っていることが多く、その区画を購入する際には、
そこを取り扱いしている石材店の中から選ぶこととなります。

【寺院墓地】
寺院墓地とは寺院境内で経営している墓地のことです。石材店が寺院の協力を得て、
新しい区画の開発を行っていることもあり、綺麗な区画も多くあります。
墓石工事は、寺院周辺に古くある石材店を寺院側から指定されることがあります。

【公営霊園】
公営霊園とは都道府県や市町村などの自治体が所有している霊園のことです。
人気の高い公営霊園では、年1回の抽選を通らなければ購入することができません。
ご遺骨がすでになくてはならないなど、申し込みにあたって条件が課せられていることも
よくあります。
また、石材店で公営霊園の応募を補助してくれるところもあります。





ついのすみか民営霊園版→http://www.tsuino-sumika.com/

ついのすみか公営霊園版→http://www.tsuino-sumika.net/
[PR]

by tsuino-sumika | 2007-11-09 12:28 | お墓の知識


<< お墓を建てるにあたっての注意点...      神奈川支部のご紹介 >>